ホーム マイアカウント お問い合わせ

カートの中
  • カートの中に商品はありません
商品カテゴリー
店長ブログ

成田 政雄

株式会社 ナリタ
代表取締役

ショップブログ
  • ご挨拶
RSS ATOM

ナリタ携帯サイト
QR code

あみえびの塩辛(500g)[5個]

3,750円(税込4,050円)

販売価格 3,750円(税込4,050円)
購入数
ロット
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


※国産(広島県産沖)
[規格]
500g×5個
[原材料]アキアミ、塩
【特定原材料の使用】エビ

主に『キムチ作りの調味料』
としてご使用ください。
塩辛はキムチの発酵を
促進させるためには
欠かせない材料です。
たんぱく質/ミネラルが豊富で、
キムチの『旨味の素』としても、
また栄養面でも
とても重要な役割を担います。

[キムチに使われる塩辛の特徴]
,△潺┘咾留辛・・・
さっぱりとした旨味があり、
ほとんどの『キムチ作り』に
使用されます。
▲ぅの塩辛・・・
コクのある旨味が出ます。
イワシの塩辛・・・
香ばしい『匂い』が特徴です。
特に深漬けキムチに
する時に使用します。

[チョッカルとは]
魚介類を塩漬けにして
長期保存を可能にした食品で、
日本でいう『塩辛』のことです。
チョッカルには、
魚を丸ごと塩漬けしたものから、
魚の内臓/えら/卵/
あるいは蟹/えび/貝を
塩漬けしたものまで、
さまざまな種類があります。
韓国では、おかずやおつまみとして
食べられているだけでなく、
調味料としても
幅広く使われている食材です。
最も代表的なものは、
『セウジョッ』とよばれる
あみエビの塩辛です。
韓国では、キムチを
漬ける時に加えると、
アミノ酸の成分がうまみをプラスし、
発酵を促す効果を
もたらすと言われています。
また、塩分と一緒に
塩辛の深い旨味と
コクが加わることから、
汁物や鍋物にも入れられています。
甘味のある豚肉との相性もよく、
むし豚/ゆで豚
葉野菜に包んで食べる『ポッサム』や、
豚足を煮込んだ『チョッパル』
といった料理のつけタレ代わりに、
あみエビの塩辛が
使われることもあります。